法人会Q&A

法人会とはどんな団体ですか?
法人会は、50年以上の歴史をもっている税と経営に関する団体で、
数多くの企業で構成されています。一言で言えば、法人会は企業経営のお手伝いをする団体です。
経営者が税の知識と経営の力を身につける場であり、
いろいろな業種の経営者との交流の場も提供しています。また、
法人会は設立当初、国税局から認可を受けた社団法人であり、
現在は公益法人として一般への税の啓発活動や地域へのボランティア活動なども行っています。
東京には各税務署ごとに49の単位法人会があり、
それらの連合組織として社団法人東京法人会連合会があります。
全国の会員企業数は、約100万社にものぼっています。
法人会はどのような事業を行っているのですか?
法人会は、会員相互の向上発展を目指して、
各種の説明会・研修会・講習会・講演会・親睦会等の開催、機関紙の発行、
税務署との共催による決算法人説明会・新設法人説明会の開催、
会員の企業防衛のための福利厚生事業の展開、地域社会貢献活動等多くの事業活動を行っています。
また、租税に関する調査研究を行い、税制改正要望等を通じて、
公平な税制と円滑な税務行政の確立に寄与しております。
法人会に入会するメリットは何でしょうか?
法人会では、企業の発展をサポートするべく様々な事業を展開しています。
会員向け事業に参加することにより、
正しい節税の為の税務知識や経営知識を身につけることができます。
また、入会されると多彩な業種の経営者との出会いがあり、新しい仕事の繋がりを生み出します。
入会され、積極的に参加することにより、そのメリットを実感できることでしょう。
法人会には小さな会社でも加入できますか?
法人会には規模、業種を問わず、様々な企業が加入しています。
また、会員の多くは中小企業です。無料税務・法律相談など、法人会の事業の多くは、
中小企業の方々に役立つものとなっております。
会社の規模に関係なく法人ならご加入出来ます。
「公益法人」とは何ですか?
公益法人とは、不特定多数の利益の実現を目的とし、特定の営利を目的としない法人です。
「法人会」は、設立当初国税当局から認可を受け、社会的にも認められた団体です。
国からの補助金等は一切もらっていません。企業の間から自発的に生まれ、
納税者自身が結成した団体が「法人会」です。
会費は必要ですか?
法人会では、会社の資本金別に会費をいただいて、運営費用に当てています。
法人会が多彩な事業を実施しているため、
会員になると高い会費をとられるのではないかと思われている方もいますが、
会費は高くありませんし、会費は全額会社の損金となります。
法人会の事業の多くを、会員の方は無料(一部実費程度)でご利用になれます。
法人会に入会すると、強制的にイベントに動員されたり、
寄付を求められたりしませんか?
各行事への参加はもちろん強制ではありません。お時間のある時にご出席いただければ結構です。
また、寄付をお願いするようなことはありません。
法人会に入会したい場合はどうすればいいですか?
まずは練馬東法人会事務局まで、お気軽にお問い合わせください。
詳しくは「お問い合せ」のページをご覧ください。